Category Archives: photo work

«FOOTNOTE PHOTOS» 2nd-exh : Optics on myself

トゥルーリング・森岡書店企画
平出隆 «FOOTNOTE PHOTOS» 展 2 ──Optics on myself
2012年7月2日(月)-7月7日(土)
東京日本橋茅場町・森岡書店

FNP展2フライヤー(表)

FNP展2フライヤー(裏)

 

 

 

 

 

 

 

《写真と文章で構成された作品を見る機会はしばしばありますが、(略)
平出さんは反対のベクトルで写真を見せていました。
まず抑制のきいた文章を読み、つぎに写真を見る──
と、写真には写っていないものが見えてきます。
脚注/写真は、金色に輝くコンソメスープの底味を支えるストックのように、
読むことと見ることの双方に滋味をもたらし、
味わった者の目を開かせる。》中山真理(カワイイファクトリー/トゥルーリング)

eye-catch photo by TH

«FOOTNOTE PHOTOS» 1st-exh:Postcards to Donald Evans

SPIRAL RECORDS presents
Goro Ito «GLASHAUS» 発売記念
平出隆 «FOOTNOTE PHOTOS» 展 ──葉書でドナルド・エヴァンズに
写真と郵便による「もうひとつの世界」への旅
2012年5月2日(水)-5月6日(日)
東京青山・スパイラルガーデン

FOOTNOTE PHOTOS 1st
«FOOTNOTE PHOTOS» という呈示方法は、
埋没してきた執筆時の写真を自著のテクストの
「脚注」として示すもので、いわば
作者みずから書物を解体し、解放する試み。

平出隆写真展 青山スパイラルガーデン
ゆるやかな回廊に沿いつつ、
著書『葉書でドナルド・エヴァンズに』から抄出された
「葉書」のテクストを手に高みへのぼりゆく人々。
槇文彦設計の、スパイラルのひろやかな吹き抜け空間を
計算しとらえた展示は、観ること=読むことを
旅そのものに変える新鮮で画期的な写真展として反響を呼んだ。

eye-catch photo by Katsuhiro Ichikawa,
photo by TH